赤ちゃんのは鼻水は定期的に吸うようにしましょう

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 赤ちゃんのは鼻水は定期的に吸うようにしましょう

赤ちゃんのは鼻水は定期的に吸うようにしましょう

赤ちゃんの鼻水を吸う時に使用する吸引器について


0歳から4歳くらいまでの赤ちゃんや子供は自分で鼻水を吸うことができない場合がほとんどです。その為、定期的に吸ってあげることが大切ですが、その際に使用する吸引器は色々なタイプが存在しています。大きく分けると手動タイプと電動タイプの2種類があります。その中でも電動タイプを使用する人は多いと言われていますが、実際に電動タイプにはどのような利点があるのでしょうか。子供の吸引器の選択で悩んでいる方もいるかと思うので、ここではその中でも電動吸引器について利点を紹介します。
まず1つ目は吸引力が優れているという利点があります。例えば手動の場合は人それぞれ吸引力は異なります。吸引力はあまりに強くてもよくありませんが、ある程度は吸うことができないと鼻水が残ったままになってしまうので、吸った気でいても全く吸えていなかったとなることがあります。それによって風邪が長引いたり中耳炎のリスクが高まることもありますが、電動吸引器ならしっかりとした吸引力で吸い上げてくれるので、鼻の奥までキレイに吸引が可能です。得に黄色いネバネバとした鼻水に関しては吸う時に力が必要になりますが、こういった場合でも電動吸引器があれば楽に取り除くことが可能です。
続いて2つ目の利点は衛生面でも優れていることです。電動吸引器というと中までしっかり洗うことができないのではないかと思っている人もいるでしょう。洗うことができないと衛生面的にもよくありません。菌が鼻の中に入り込んでしまう恐れもありますが、基本的に電動吸引器はノズルからチューブまで全て丸洗いをすることが可能です。そのため安心して使用することができます。
その他にも3つ目の利点は二次感染の恐れがないということが挙げられます。鼻水にはたくさんのウイルスや細菌が含まれています。親御さんの中には口を使って吸引する人がいますが、口を使用すると衛生面的にも良くないので、二次感染のリスクを高めてしまいます。しかし、電動吸引器を使用すればチューブが吸い上げてくれるので、二次感染のリスクは低くなります。このように、利点について話しましたが、これから吸引器を使用する人はどのタイプを選ぶかも重要なので、悩んでいる人はそれぞれの利点を見ながらセレクトするといいでしょう。

吸引器をうまく使うコツ


赤ちゃんの鼻水を吸う時には吸引器を使用する人が多いでしょう。しかし、上手に吸うことができる人もいれば、なかなかうまく吸うことができない人もいます。上手に行うためのコツについて知りたい方は多いと思うので、ここでは上手に行うためのコツについて紹介します。
まず1つ目に知っておきたいことは先端を奥の方まで差し込むことです。奥まで入れる勇気がないという人や、かわいそうだからと言って手前から吸引を行う人がいますが、あまりにも手前過ぎると完全に吸い取ることができません。鼻の奥に溜まってしまうと細菌もどんどん増え、それが口に入って風邪などが長引く恐れもあります。あまり奥にやりすぎるのもよくありませんが、手前で吸引しても意味がないので奥まで差し込むように心掛けましょう。
続いて2つ目のコツは小刻みに吸うことです。強すぎるのはあまり良くないので、小刻みに行うことが上手に吸引するためのコツです。吸引するときには鼻の穴の片方を閉じてしまわないように気を付けましょう。鼓膜が傷ついてしまうことがあり危険です。
続いて3つ目のコツは色々な方向に向けて吸引することです。先端を真っすぐ差し込んでもなかなかうまく吸い取ることができない場合があります。そんな時には方向を変えながら吸い取ることが大切です。うまく吸えない人は色々な方向から試してみるといいでしょう。
このように、ここではうまく吸い取るコツについて話しましたが、なかなか吸い取ることができずに苦戦している人はここで説明したことを試してみるといいでしょう。

鼻水は吸うタイミングも重要


鼻水をうまく吸い取る方法は様々です。しかし、赤ちゃんの鼻水の状態も様々なので、どうしても吸い取ることができない場合はタイミングについてもこだわるといいでしょう。では実際にどのタイミングで吸い取れば苦労しないのかについて紹介します。
まず1つ目はお風呂上がりです。お風呂上りは温まることによって鼻水が出やすくなるタイミングです。ネバネバとしているものよりもサラサラなタイプが出てくることが多いので、苦労することなく吸い取ることができるでしょう。お風呂上りのタイミングは逃さないようにしましょう。
また2つ目はスチームを用意することも大切です。特に冬や春など乾燥している時期は鼻の中も乾燥しやすく、鼻水を吸うことが難しくなります。こういった場合にはスチームを使用してあたためるようにすると吸い取りやすくなるでしょう。
このように、吸うタイミングについても紹介しましたが、どうしても吸い取ることができない場合はタイミングも気にしながら吸い取ることが大切です。

▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器の適切な選び方
2位 鼻水はその色や状態で病気がわかる!適切な処置の仕方は?
3位 電動鼻水吸引器のメリットと効果
4位 鼻水から中耳炎を発症する理由と原因について
5位 鼻水の種類でわかるさまざまな症状と吸引の重要性とは

鼻水吸引のすすめTOP