赤ちゃんの鼻水吸引、家庭ならどうやって行う?

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 赤ちゃんの鼻水吸引、家庭ならどうやって行う?

赤ちゃんの鼻水吸引、家庭ならどうやって行う?

赤ちゃんの鼻水吸引はどんな風にすればいい?



風邪をひいたりアレルギーなどで鼻水が出てくると集中力がなくなりますし、流れてくる鼻水をかむのも本当に辛いものです。大人でもイライラしますし、息が苦しいと感じることも多いので、子供であればもっと辛いでしょう。特に、赤ちゃんは自分で鼻をかむことも、ティッシュで拭くこともできません。ミルクを飲むときには鼻呼吸が必要となるので、苦しくてミルクを飲む量が少なくなったり、離乳食の場合も飲み込もうとして咳き込んで吐いてしまったりするなど、見ているだけでもかわいそうになります。

実は、大人よりも赤ちゃんは鼻水などを出しやすい状態です。というのも、鼻の中に毛もありませんし、粘膜が非常に敏感で繊細な状態となっているため、空気が乾燥していたり、気温が高い、低いなどを敏感に察知して鼻水が出やすくなっているのです。これを仕方ないと放っておけば、細菌やウイルスを排出することができず、炎症の原因となることもあります。

また、赤ちゃんの鼻水で怖いのが耳の方に流れて中耳炎になる可能性があるという点です。耳が痛いと言葉にすることができないので、中耳炎も悪化することが多くなります。鼻呼吸をしている赤ちゃんは、寝るときに鼻水が邪魔になり浅い呼吸となることも少なくないので、眠りが浅くなり、ぐずりっぱなしという状態になってしまうこともあるのです。

こういう場合には、大人が吸引するなどして赤ちゃんの鼻水を吸いだしてあげることが必要となります。しかし、赤ちゃんの小さい鼻からどんな風に家庭で鼻水吸引すればいいのか悩みますし、その方法もわからないという人は少なくありません。では、赤ちゃんが鼻水を出しているときに、先輩ママたちはどんな風に鼻をすっきりさせてあげるのでしょうか。



赤ちゃんの鼻水どうやって吸引する?病院へ行くべき?



赤ちゃんの鼻水の状態をしっかり把握し、鼻水が常に垂れている状態の場合や、鼻が苦しそうと感じる場合、病院で鼻水吸引してもらってもいいのですが、家庭でも鼻水吸引ができる器具などがあります。病院で行う場合、鼻水を吸引する専門の器具を利用して丁寧に鼻を吸引してくれます。しかし、病院が遠いとなればそう簡単に行くこともできないと思いますし、家庭で鼻水吸引するグッズを購入して吸ってあげるほうが効率がいいのではないかと思われる方もいらっしゃるでしょう。

近くに耳鼻科などがある場合には、病院で鼻の奥にたまっている鼻水をきれいに除去してもらうほうが赤ちゃんもすっきりします。よくママの中には鼻水くらいで病院にいくなんて、先生に怒られないかな?と心配される方もいますが、医師も赤ちゃんの鼻が悪化して別の病気となるほうが怖いと考えますので、まめに病院に行くというのは遠慮すべきことではありません。ただ、赤ちゃんが鼻水を出すたびに毎回通うのは大変ですし、インフルエンザやノロウイルスなどが流行しているときには、病院に行くことでうつってしまうことも考えられます。赤ちゃんは実際に息苦しいですし、心配であれば家庭で利用できる鼻水吸引器具で丁寧に吸引してあげるといいでしょう。

昔は赤ちゃんの鼻に直接口をつけて吸うなど行っていましたが、これは衛生的ではありませんし、お互いに菌を移しあう結果になる場合もあります。現代は、吸引のための器具が販売されているので、器具を利用するほうがいいでしょう。普段は吸引の器具で丁寧に吸引するホームケア、ひどくなってきたなと感じたら耳鼻科に行って本格的に吸引してもらうことをおすすめします。



家庭で行う吸引はどんなグッズがいい?



赤ちゃんの鼻水吸引の器具は、ドラッグストアやベビー用品店でも売られています。きれいに鼻水を吸引できるので、多くのママたちが利用されています。スポイトタイプは値段も安く手軽に利用できるので人気がありますが、鼻水の量が多いと何回も吸引が必要になるので面倒と思われる方もいらっしゃることでしょう。

ストロータイプは、赤ちゃんの鼻にストロー部分を入れてもう片方を大人がくわえて吸い出すという方法で吸引を行います。うまくコツをつかむと上手に利用できるようになりますが、最初は難しいと感じるママが多いようです。しかし、何度もやっているとうまく鼻水を出すことができるようになるので、軽度の鼻水であればこのストロータイプを使用するのも一つの方法です。

中には、電動で鼻水を吸い取ってくれる器具などもあります。この器具は、ほかのストロータイプやスポイトタイプよりも費用がかかってしまいます。しかし、手動だったり口で吸ったりするのではなく、電動で鼻水を吸い取ってくれるというタイプになるので、効果的で面倒もありません。電動だとお手入れが大変なのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、意外にも部品が少なくお手入れの手間が少ないということも魅力の一つです。また、耳鼻科でうける鼻水吸引のような高い吸引力があり、鼻の奥にできる粘り気の高い鼻水も吸い取ってくれます。スポイトタイプやストロータイプでは吸い切れないような鼻水まで吸い取ってくれるということです。

家庭での鼻水吸引は、風邪の重症化や中耳炎などの予防にも役立つと考えられています。大切なお子さまが中耳炎などで苦しまないようにするためにも、家庭での予防が大切なのです。