赤ちゃんの鼻水吸引に関して

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 赤ちゃんの鼻水吸引に関して

赤ちゃんの鼻水吸引に関して

赤ちゃんの鼻水吸引の効果



大人は鼻水が出たと思ったらティッシュですぐに鼻をかむことが可能です。しかし、赤ちゃんは自分で鼻水を出す力がありません。その為、お母さんやお父さんが鼻水が出たらしっかりと吸引をしてあげる必要があります。実際に鼻水は吸引した方がいいと言われていますが、なぜ吸引することが大切なのでしょうか。ここでは疑問を持っている方のためにも鼻水吸引の効果について説明します。

まず1つ目は赤ちゃんの風邪が重症化する予防と中耳炎の予防につながることです。鼻水の役割は外部からのウイルスや細菌が体内に侵入するのを防ぐためです。その為、鼻水が出ているということはウイルスや細菌と戦っているということになり、鼻水にはウイルスがたくさん付いています。鼻水はウイルスを吸収する力がありますが、残念ながら赤ちゃんには外へ出す力がありません。その為、物理的に鼻の中から吸い出さなければなりません。鼻水吸引にはさまざまな方法があり、中には手動タイプのものも存在していますが、これらはしっかりと吸い取るということができず、残った鼻水は喉に流れたり耳に流れてしまったりすることがあります。それによって風邪や中耳炎になってしまう恐れもありますが、吸引をしっかりと行うことによって風邪や中耳炎の予防になります。吸引器は主に電動で動くものが推奨されており、電動の方が吸い残しは防ぐことができます。

続いて2つ目は電動の鼻水吸引を行うことによって育児負担を軽減させられるというメリットがあります。電動鼻水吸引器を家庭で使用している場合のほとんどは0歳から4歳であることが多いですが、この時期は育児の中でもとても大変な時期だと言われており、その中でも子供の病気は家族にとって大きな負担となってしまいます。特に乳児期の鼻閉塞は授乳にも影響することがあり、夜間も十分な睡眠をとることができないということもあります。また、人によっては口で吸引する方もいますが、口だと二次感染の恐れもあり、親子そろって風邪をひいてしまうという可能性もあります。電動鼻水吸引器を使用すれば負担は軽減されますし、二次感染のリスクも抑えることができます。育児負担の軽減が期待できるので魅力的です。



電動の鼻水吸引器はどれを選ぶのがいい?



電動の鼻水吸引器は育児負担の軽減も期待できますし、隅々まで鼻水を吸い取ることができるので魅力的ですが、電動もいくつか種類があるので、選ぶときに悩むこともあるでしょう。なるべく購入をするなら後悔しないタイプを選びたい方が多いかと思いますが、どんなタイプを選んだらいいのか分からない人のためにも選び方について説明します。

まず重要なのが病院に近いケアが自宅でもできるかどうかです。病院でも鼻水吸引は行っており、主に電動のタイプを使用しています。病院のものは高い吸引力を誇っており、取り残しなどを防ぐことができます。きれいに吸い取ることができるので魅力的ですが、病院でしかできないことではありません。自宅でできる電動のタイプにも高い吸引力を誇っているものがあります。その為、選ぶときには排気流量や最大吸引圧力の確認ができるタイプを選ぶと病院に近い吸引器を見つけることができます。

また手入れのしやすさについても確認しておきましょう。例えば電動はしっかりと鼻水を吸い取ることができても手入れが少し面倒なタイプも存在しています。実際に感染しないためにも手入れは重要になりますが、近年では使用している部品が少なく、手入れも手間がかからない鼻水吸引器も存在しています。手間がかからないことで負担を軽減できますし、安心安全に使用することが可能なので魅力的です。

2つのポイントを話しましたが、重要な部分になるのでどれを選んだらいいのか分からない人は参考にするといいでしょう。



購入する時に見ておきたいこと



電動の鼻水吸引器を購入する時には条件がそろっている物ならどれでもいいのかというとそうではありません。購入前には確認しておきたい注意点がいくつかあるので紹介します。

まず大切なのが企業の姿勢です。電動での吸引器は家庭で使用できるとは言え医療機器です。その為、購入する時には医療機器を扱う企業として対策や姿勢が備わっているかについて調べないと安心して使うことができません。選ぶときには例えばコールセンターがメーカー内に常設されているかなども見ておくといいでしょう。

続いて大切なのが機器の安全性です。人によっては強力な吸引力が欲しいと思っている人もいますが、ただ単に強ければいいというものではありません。あまりにも強いと鼻の中を傷つけたりすることがあるので、なるべく排気流量や吸引圧は目安とされている数字かどうかについて確認しましょう。安全性も大切になるので事前に確認しましょう。

このように、いくつか注意点について話しましたが、それぞれ吸引器を開発している企業によって異なる部分も多いので、慎重に選ぶようにしましょう。