風邪の時にあると便利な鼻水吸引器のメリットとデメリット

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 風邪の時にあると便利な鼻水吸引器のメリットとデメリット

風邪の時にあると便利な鼻水吸引器のメリットとデメリット

赤ちゃんの鼻水を吸い取る便利な鼻水吸引器


赤ちゃんは大人とは比べると身体の抵抗力があまりありません。
そのため、風邪をひきやすい特徴があります。それに赤ちゃんの場合、風邪だからといって風邪を甘く見ていると、中耳炎や結膜炎になりやすいといわれています。また赤ちゃんが風邪をひくと、自分で鼻をかむことができないのでとても辛そうに見えます。そんな時に、鼻水吸引器がお勧めです。

鼻水吸引器のメリットとデメリット


鼻水吸引器には、大きく分けると手動タイプと電動タイプとがあります。例えば手動タイプの場合には、専用の細いパイプを赤ちゃんの鼻の入口に当てます。次に、反対側のパイプを親が口に咥えながら、赤ちゃんの鼻水を強制的に吸い上げる仕組みになっています。こうした手動タイプだと嫌がる赤ちゃんをあやしながら、鼻水を吸い上げる力も加減することができます。それに何といっても値段が電動タイプよりも、安いというのが大きなメリットとして挙げられます。ただし、赤ちゃんをあやしながらパイプを赤ちゃんの鼻の入口に当てていないといけないので、実際に使ってみると中々大変な面もあります。特に、パイプの先端が赤ちゃんの鼻の内側にある粘膜を圧迫してしまうという問題があります。ただでさえ、風邪で身体がしんどい状態なのに、それに加えてパイプが鼻の粘膜を圧迫するような状態になるので、赤ちゃんにとっては2倍の辛さになっていることが推測されます。そのため、2人がかりで赤ちゃんの鼻水を吸引するととてもやりやすくなります。
例えば、お父さんが赤ちゃんを抱きかかえる係で、お母さんが赤ちゃんの鼻水を吸引する係をするといった方法です。それならお母さんは赤ちゃんの鼻水を吸うだけなので、パイプを赤ちゃんの鼻に当てる力も手加減することができます。そうはいってもあまりにも原始的な吸引方法なので、少し抵抗があるという親御さんもいらっしゃいます。とりわけ、パイプの反対側から赤ちゃんの鼻水を吸い上げるといった簡単な仕組みなので、強く吸い過ぎると鼻水が吸い上げる人の口に入ってしまうのではないかということが懸念されます。しかしながら、その点は全く心配が要りません。何故ならパイプの中間部分には、吸い上げた鼻水を溜めるようなタンクが付いています。そのため、吸い上げた鼻水は全部そのタンクの中に溜めてしまうので、吸い上げている側のパイプにまで鼻水が逆流しないような構造になっています。これは、耳鼻咽喉科の医者が考案したものらしく、とても工夫されており合理的な構造になっているのが大きな特徴として挙げられます。その代わり、風邪のウイルスを口に吸いこんでしまう可能性があります。要するに、鼻水といった液体は逆流しないようにはなっているのですが、空気を伝って風邪のウイルスに感染してしまうという恐れがあります。そのため、風邪をひきやすい親御さんが鼻水吸引器を使うと、逆に赤ちゃんから風邪がうつってしまうというデメリットがあります。
一方、電動タイプの場合には、口で鼻水を吸い上げるタイプではないので、風邪がうつるという心配はありません。その点が、手動タイプと電動タイプの大きな違いといえます。
手動タイプには口から鼻水を吸い上げるというタイプだけでなく、スポイトのようなタイプもあります。おまけにスポイトタイプの場合には、口で鼻水を吸い上げるのではなくてスポイトの力で鼻水を吸い上げることができるので、例え風邪をひきやすい親御さんであっても、赤ちゃんの風邪がうつるという心配も少なくなります。それにスポイトタイプは、口で鼻水を吸い上げるタイプよりも簡単な構造になっているので、もっと安く購入することができます。その他にも、手動タイプの場合いずれのタイプも簡単な構造になっているので、洗いやすいというメリットもあります。使いやすくてお手頃価格というのは大きな魅力といえます。

赤ちゃんの風邪を軽視していると様々な病気に発展する


ただし実際に使ってみると、いろんな問題があるので大変な面もあります。とりわけ、風邪をひくというのは大人にとってもとても辛いものです。それが赤ちゃんの場合には、その辛さが大人の2倍もしくは3倍に相当するような辛さに膨れ上がっているに違いありません。二重苦という言葉がありますが、まさに二重苦そのものではないかと推測されます。そのため、ただ単に泣いて嫌がるだけでなく、顔を横や上にそらしながらパイプを鼻から外そうと必死に抵抗をするのです。そうした状態の中で、鼻の入口にパイプの先端を数秒間当てていないといけないのですから、一人でやろうとすると至難の業に近い面があります。そうかといって、赤ちゃんがかわいそうだから鼻水を吸引しないでいると、それこそ中耳炎や結膜炎になってしまう可能性があります。さらに赤ちゃんの場合、肺炎にもなりやすいといいます。風邪くらいと風邪を甘く見ていると、そうした病気に発展する可能性があるので、身体の抵抗力の弱い赤ちゃんの場合には要注意です。メリットやデメリットなどいろいろとある鼻水吸引器、赤ちゃんのために導入することをおすすめします。

▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器の適切な選び方
2位 鼻水はその色や状態で病気がわかる!適切な処置の仕方は?
3位 電動鼻水吸引器のメリットと効果
4位 鼻水から中耳炎を発症する理由と原因について
5位 鼻水の種類でわかるさまざまな症状と吸引の重要性とは

鼻水吸引のすすめTOP