鼻水から中耳炎を発症する理由と原因について

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 鼻水から中耳炎を発症する理由と原因について

鼻水から中耳炎を発症する理由と原因について

赤ちゃんの鼻水は中耳炎につながることがある


赤ちゃんは粘膜が敏感になっているので、ちょっとの刺激でも鼻水が出てきます。

生まれてしばらくはママの免疫を持っているので病気になりにくいといいますが、風邪などを引きにくくても、ほこりや刺激などから鼻水が出てくることもありますし、猫や犬の毛、またアトピーなどのアレルギーによっても鼻水が出やすい子がいます。

鼻水が出ていると、ママとしては風邪かなと気になりますが、鼻水が出やすい子と認識すると、また鼻水が出ているくらいで気に留めないママも多くなります。

しかし赤ちゃんのこの状態を放っておくことで、中耳炎などの耳の病気になるケースも多いのです。

この病気は鼓膜の内側、中耳という部分が炎症を起こす病気で、子供に発症しやすく、繰り返す子もいるので困っているママも少なくありません。

子供や赤ちゃんにとって、この病気は決して珍しい病気ではなく、繰り返し起こす子もいますが、放置しておくと聴力に問題が出てくることもありますし、痛みが強く眠れないなど、耳のほかにも支障をきたすことが多くなります。

症状としてはかなり強い痛み、耳が聞こえにくくなる、ひどくなると膿が出てくるなどの症状があります。

症状が急に出てくるということもこの病気の特徴で、さっきまでニコニコしていた赤ちゃんが急に火がついたように泣き出したり、耳に手を持っていくようなしぐさが多くなったりすることなどから、気がつく事が多いようです。

症状が悪化すると鼓膜が破れてたまっていた膿が外耳へ出てくるということもあります。

そのため、まずは耳がおかしいということに気がつく事、さらに膿などがないか、赤ちゃんが耳に手を持っていくようなしぐさをしていないかなど、様子をしっかり見ることが必要です。

しかしどうして鼻水が原因で中耳炎になってしまうのか、その関係をよく理解しておくことが求められます。ひどくなれば聴力が低下するという病気になる可能性もあるので、この病気にならないように鼻との関連性をよく理解しましょう。

鼻と中耳の関係は?


鼻が原因でどうして中耳炎という耳の病気になるのかについてですが、この病気は中耳という部分に雑菌などが入り込み、炎症を起こすことで発症し、痛み、聞こえにくさ、膿などの症状を引き起こします。

子供が夏、海やプールに行くようになってこの病気になったという経験があるママも多いと思いますが、雑菌類が引き起こすものなのです。

鼻、耳、口はそれぞれがつながっています。鼻水にはどうしても鼻から吸い込んだ雑菌が混じりこんでいますので、耳の方向に流れ込んでしまうと中耳炎などの病気になる可能性も高くなります。

鼻が詰まって粘液がうまく鼻の外に出せない状態になると、大人も引き起こす可能性がありますが、赤ちゃんは自分で鼻づまりを治すことができません。

通常水のようにさらさらしていて、雑菌や汚れなどを外部に流す役割を持っているのですが、粘性が高くなるとそれが鼻の中にとどまりやすくなります。

細菌やウイルスなどの、外部からの敵と戦う役割のある白血球の死骸たちも押し出そうとすることから、粘性が高くなってしまい、その結果、耳などにも影響してきます。

粘性の高い状態になると鼻をかんでもすっきりしません。
いくらかんでも同じような状態なのでなんどもかみます。

こうしているうちに中耳のほうに流れ込み、粘性の強い細菌もウイルスも非常に多い状態で耳のほうに移動してしまうので、炎症を起こしやすくなるのです。

大人だと鼻をかんで耳がおかしいなと感じれば、そこで鼻をかむのをやめますが、赤ちゃんの場合、大人がすってあげるので、痛いも何もわからず中耳に炎症を起こすこともあります。

また赤ちゃんは粘膜が非常に敏感なので中耳に炎症を起こしやすいといえます。

免疫力が低下している人は中耳炎になりやすい?


子供ばかりではなく、大人も中耳炎になることがあります。

神経質で鼻をすする回数が多い、ストレスによって抵抗力が低くなっている方は、以前はまったくそういったこともなかったのに風邪をひいただけで耳が痛くなったり、炎症がひどくなり結局中耳炎になったという方も少なくありません。

子供は大人と違い、鼻と耳を結んでいる耳管と呼ばれる部分が太くなっていて、角度もほとんど水平という状態なので、鼻水が耳に通りやすい構造になっています。

そのため、子供さんは中耳などの耳に病気を発症することが多いのです。

しかし免疫力がストレスなどで低下している人や、鼻水が慢性化しているようなアレルギー性鼻炎などを持っている方などは、どうしても鼻をすする回数が多くなるので、中耳などに炎症を引き起こしやすくなります。

気がつかないうちに中耳に炎症が起こり、痛いと思って病院にいったらすでに聴力が低下していたということもあるので、異変を感じたらすぐに耳鼻科に行くほうがいいでしょう。

また、高齢者は特に粘膜なども弱くなっていますし、抵抗力も低くなっています。

風邪が治りにくく鼻水、せきなどが継続的に出るという人も少なくないので、高齢者は鼻水が長く続くという状態や耳に違和感があるというときは、すぐに耳鼻科に行くようにしたほうがいいと思います。

通常こうした耳の病気を発症した場合は、耳鼻科に行きます。
急性の場合、高い熱が出て内科を受診し、その後、耳鼻科にも行くようにと指示されることもあります。

ただ、内科では判断できないこともあるので、やはり専門知識を持っている耳鼻科に行くことが求められます。

▼よく読まれている記事
1位 鼻水吸引器の適切な選び方
2位 鼻水はその色や状態で病気がわかる!適切な処置の仕方は?
3位 電動鼻水吸引器のメリットと効果
4位 鼻水から中耳炎を発症する理由と原因について
5位 鼻水の種類でわかるさまざまな症状と吸引の重要性とは

鼻水吸引のすすめTOP