鼻水吸引を使う年齢は何歳から?鼻水の基礎知識

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 鼻水吸引を使う年齢は何歳から?鼻水の基礎知識

鼻水吸引を使う年齢は何歳から?鼻水の基礎知識

鼻水吸引と年齢


自分で鼻をかめない子供は、親が吸引器で吸い取ってあげると、鼻水や鼻づまりの苦しさや煩わしさから解放されます。何歳まで鼻水吸引をするかについては特に決まっていませんので、上手に鼻がかめるようになるまで親がサポートしてあげましょう。
鼻水は風邪をひいたり、鼻炎になったりした時だけ出てくるイメージですが、実は鼻の粘膜を守るために常に分泌されています。そのおかげで鼻の中が乾燥せずしっとりしているのです。鼻水は常に分泌されていますが、綿毛によってコントロールされているので流れ出てくることはありません。しかし、風邪をひいたり、鼻炎になったりして鼻水の分泌量が増えると、綿毛の力だけではコントロールできなくなり、詰まったり流れ出てきたりしてしまうのです。普段は鼻の粘膜を守ってくれている鼻水ですが、風邪や鼻炎の時は鼻水がウイルスやアレルゲンを体外に排出しようとしてくれます。このため、鼻水がたくさん出てくるのです。
この時の鼻水にはウイルスやアレルゲンなど雑菌がたくさん含まれていますから、できるだけ早く出すようにしたいところです。大人なら自分で鼻をかめますが、赤ちゃんや幼い子供は自分で鼻がかめないので、いつまでもウイルスや雑菌を含む鼻水をため込んでしまいます。そのままにしておくと鼻づまりの原因になりますし、うまく呼吸ができないから苦しい思いをさせてしまいます。奥に入り込むと中耳炎のリスクを高めるので、鼻水はできるだけ早く取り除いてあげることが大切です。
こういう時にあると便利なのが鼻水吸引器です。上手に鼻がかめない場合も吸い取ることで鼻がスッキリします。口で吸い取ると風邪がうつることもありますが、吸引器ならその心配もありません。

鼻水吸引は年齢に関係なくできる


鼻水吸引は年齢に関係なくできます。ただし吸引器を使う場合は年齢による違いも多少出てくるので、必ず対象年齢や使用可能年齢を確認してから選んでください。スポイトやチューブで吸い取るタイプは0ヶ月から使えるものもありますが、電動式は生後3ヶ月から使用できます。電動式と言っても吸引力に違いがあるので、どのくらいの吸引力があるのかを確認してから使うようにします。一般的には0歳から3歳くらいまで親が吸引器で鼻水を吸い取ってあげますが、中には小学生になってもうまく鼻がかめない子もいますので、年齢はあまり気にせず自分で鼻がかめるようになるまでサポートしてあげましょう。
鼻水吸引器で最も多く選ばれているのが電動式です。ただし、電動式にもハンディタイプとパワフルな吸引力の自動のものがあります。メーカーによる多少の違いはありますが、ハンディタイプは電池式、パワフルタイプはコンセント式になっています。電池式はコードがないので場所を選ばずに使えますが、若干吸引力は弱めです。電池の残量が少ないと、十分に吸引できないことがあるので注意が必要です。
コンセント式のパワフルタイプは、医療機器として認められているので医師も推奨しています。吸引力が高いので簡単に鼻水を吸引できます。ただしコンセント式になっているため、コンセント口の近くでないと使えませんので持ち運びには向いていません。ハンディタイプに比べるとかなり大きく値段も高くなり、器具のメンテナンスなども必要です。しかし、吸引力には優れているので耳鼻科などで吸引してもらうのと変わりありません。

年齢に関係なく使える鼻水吸引器


電動式でもパワーがある吸引器は生後3ヶ月から使用できるので、3ヶ月を過ぎていればパワフルな電動式吸引器をおすすめします。医療機器として認可されていますし、効率よく鼻水を吸引できるので中耳炎のリスクを軽減できるなどメリットも多くなります。多少値段は張りますが、いろいろ買い換えるよりも最初から電動式のパワーがある吸引器を選んだ方が経済的です。
中には安い物もありますが、聞いたことがないメーカーの場合は性能に不安がありますし、メーカー保証がついていない物もあります。多少値が張っても信頼できるメーカー品なら性能もよく、保証もしっかりしていて安心です。こういった吸引器は、ネットでも簡単に探せますし購入もできます。お母さんたちに人気の機種は、口コミやレビューも多いため購入前に情報収集もしやすいです。
いくつか種類がありますが、医師が推奨している物なら安心です。選ぶ時のポイントとしては、複雑な構造ではないシンプルな物、部品が少なく掃除が簡単なことです。吸引器は使ったあとは綺麗に洗っておかないといけません。使いっぱなしでは雑菌が繁殖するので、使う度に洗うにはお手入れが簡単なことも重要なポイントです。使用できる制限の年齢は特に決まりはありませんので、安心して使える物を選んでください。ある程度は使用するので、途中で故障や不具合が出る可能性もあります。こういう時のメーカー保証はかなり重要となります。保証期間内なら無償で対応してもらえますし、期間を過ぎても修理など受け付けてくれるのは安心です。