鼻水吸引器を使って快適な生活を送る方法

鼻水吸引器.comトップ > コラム > 鼻水吸引器を使って快適な生活を送る方法

鼻水吸引器を使って快適な生活を送る方法

鼻水とは



体の一部の症状を見ると、健康状態が分かることもあります。中でも、鼻水が出ている場合は色を見ればどういった状態なのか判断できることが多いです。例えば、透明でさらさらとした水状のものはアレルギーや風邪の引き始めに多い症状です。透明で粘度が低いものですが、細菌やウイルスを体外に排出しようとして粘度の低い状態になっています。しかし、水状で鼻から垂れやすいので不快に感じる方も多いことでしょう。

また、この水状のものが細菌やウイルスによって攻撃を受けると、白や黄色へと変化していきます。ひどくなると膿のような鼻水が出てくることもあり、同時に粘度も高くなっていきます。鼻の中は息苦しくなり不快になりますし、このような症状が出る場合は、肺炎やインフルエンザなども考えられます。大したことないと放っておくと、結膜炎や中耳炎、さらには気管支炎につながってしまうこともありますので、こまめに鼻水を出すことが大切です。

鼻水は、本来鼻の内部をきれいに洗浄するために粘膜から分泌されるものです。健康な時には出ないものですから、風邪など健康を害している時に出ると不快に感じることでしょう。しかし、細菌やウイルスから体を守るために必要な物質でもあるのです。ですから、体外にウイルスなどを排出するために欠かせないものであるとも言えます。

風邪になって鼻水が出るから苦しい、なくなればいいのにと思う方が多いものです。しかし、風邪になった時にはウイルスが体内に侵入し、鼻の粘膜に付着をしてしまい、これによって体がダメージを受けてしまいます。この状態にならないように、体は防御反応として鼻水で洗い流しているのです。



子どもの鼻の対策



大人の場合は、鼻をかんだりして定期的に鼻水を体外に出していくことができますが、小さい子どもの場合は、それがなかなか上手にできなくて難しいものです。しかし、この状態にしていると中耳炎になったりすることもあるので、注意しなければなりません。そのため、小さい子どもがいる家庭では、自宅でできる予防方法を考えて実践していくことが大切になります。

例えば、部屋の空気を加湿することも一つの方法です。そして、自宅では手軽な方法で鼻水を取り除いてあげることが重要ですが、この際は他のウイルスに感染しないようにするためにも、不潔な手で行うことがないようにしなければなりません。そのためにも、取り除く前に手をしっかりと洗浄するようにしましょう。その状態で、身近なものだと綿棒を使って鼻水を取り去っていく方法もあります。綿棒の先でゆっくりと回すようにしながら、鼻の中の物質を絡め取ります。くれぐれも鼻の壁の部分に傷をつけないようにしなければなりません。また鼻の奥はとても敏感なので、あまり綿棒を奥に入れることがないように気を付けましょう。

しかし、綿棒で鼻の中を取ることが難しい場合もあります。そんな時には、専用の吸引器具を使うといいでしょう。吸引器具はさまざまなタイプがあり、スポイトタイプやストローで吸うタイプ、電動で吸い取ってくれるものがあります。中でも電動の吸引器具は、手間もかからず簡単に奥の粘り気の高い鼻水まで吸い取ってくれます。このように、中耳炎や風邪の重症化になる前に自宅での予防が大切なのです。



吸引器を使用する



鼻が息苦しい時には頻繁に鼻をかめばいいのですが、子どもの場合には中耳炎などの病気になる恐れがあるので、急いで除去をしなければなりません。そのための方法として、自宅で気軽にできるのが吸引器です。これは、手動によるものと電動タイプの2種類が主にあります。それぞれに特徴とメリットがありますので、ご紹介します。

まず手動のタイプですが、あまり強力ではないので、鼻に負担をかけずに鼻水の除去を行うことができるという点があります。ただ、短所としては、慣れるまでなかなか作業が進まない場合もあります。比較的軽度の症状であり手動タイプで簡単に鼻の中の汚れを除去できるような状態であれば、手動で十分予防になります。しかし、手動の中でもストローで吸引するタイプになると、大人が感染する恐れもあります。

そのため、しっかりと鼻水を吸い取りたい、あまり時間をかけて作業を行うと子供が嫌がるという方は、電動タイプを選択するといいでしょう。電動タイプはしっかりと吸い取りを行います。手動タイプではなかなか難しかった粘り気の高い鼻水でも、電動なら吸い取ってくれる点が魅力です。また、十分に吸い取りができるので中耳炎などの予防に効果的です。

ただ、タイプによっては力が強くで鼻の中に負担を与えたり、子供さんが嫌がったりする場合もあります。しかし、この点を克服している電動タイプなら手動と同じような力で作業を行っていくことができます。これまで手動タイプでは満足できなかった場合には、優しいタイプの電動式を選ぶのもいいでしょう。

鼻水はウイルスの侵入を防ぐ目的もありますが、子供の場合には中耳炎などの原因になる場合があります。そのため子どもの場合には、まめに吸い取りを行って、中耳炎や結膜炎の発症を防ぐようにしなければなりません。